ナイジェリア「女子中学生集団誘拐」イスラム教に改宗強要!コーラン唱える映像送りつけ

印刷

   ナイジェリアで4月中旬(2014年)に200人以上の女子中学生が連れ去られた事件で、イスラム武装集団「ボコ・ハラム」はきのう12日(2014年5月)、少女たちの映像を公開して、捕まっている武装集団のメンバーの釈放との取り引きをほのめかした。

   公開された映像の少女たちは彼女は全員黒っぽい、あるいはグレーの布で全身を覆っており、見えるのは顔だけ。キリスト教徒が多かったはずだが、イスラム教に改宗させられたとみられ、コーランを唱える様子が写っていた。

拘束のテロリスト釈放で取り引き要求

   映像は17分間。意外と鮮明で、かなり多くの顔を特定できる。ただ、場所や日時は不明で、誘拐された200人全部ではなく、見たところ100人超といった感じだ。すでに一部の少女が売られていることが懸念される。

交換条件

   「ボコ・ハラム」リーダーのシェカウは、カメラに向かって「ナイジェリア政府が拘束している(ボコ・ハラムの)メンバーを釈放すれば、少女たちを解放する用意がある」と話している。現代イスラム研究センターの宮田律理事長は「人質の姿を見せたのは、軍の派遣や支援を申し出ている国(アメリ カ、イギリス、フランス、イスラエルなど)をけん制するためではないか」という。

アメリカ政府・軍 映像分析して救出作戦

   アメリカ政府は少女救出の手がかりを得ようと、映像を詳しく分析しているという。また、ボコ・ハラムが求めているメンバーの釈放については、「ナイジェリア政府が判断する問題」としながらも、基本的に誘拐犯との取り引きはしないという米政府の立場を強調した。

   キャスターのテリー伊藤「メンバーと交換に釈放する可能性ありますね」

   森圭介アナ「アメリカ政府は取り引きには応じないといっていますが…」

   リーダーの余裕たっぷりの表情はたいした悪人にも見えない。まあ、何が起こってもおかしくない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中