若田光一・宇宙飛行士188日ぶりの地球!骨密度、筋力、体重、バランス機能など低下

印刷

   日本人で初めて国際宇宙ステーションの船長を務めた若田光一・宇宙飛行士(50)がきのう14日(2014年5月)、宇宙から帰還した。半年間にわたる旅を終えて、宇宙船ソユーズで中央アジア・カザフスタンに降り、「ただいま帰りました」と元気な姿を見せた。

   司会の夏目三久「おだやかな顔ですね」

   キャスターの斎藤孝「日本人のリーダーシップの模範です」

   若田さんはこれから約45日間のリハビリに取り組む。

無重力生活で一気に20歳老化

   188日ぶりに地球に降り立った若田さんはインタビューにこたえて、「半年間、充実した毎日を過ごさせていただきました」と元気そうだ。宇宙では体調を崩すこともなく、1日2時間の運動を行ってきた。しかし、重力のない世界で過ごしていたために骨密度や筋力、体重、バランス機能などが低下し、一気に20歳の年をとった状態という。

貴重な人体データ
貴重な人体データ

   帰還後すぐにはよく歩けず、むしろ歩くのは止めておいた方がよいのだという。若田さんは地上で体を慣らしながら、宇宙滞在した人体に関する医学研究にも協力していく。

歩行訓練など45日かけてリハビリ

   リハビリは帰還当日から3日目までが介助歩行やマッサージ、4日目から14日目まではバランス運動や水中運動など、15日目から45日目までは積極的なトレーニングを行う。そこで得られたデータが、月や火星探査など将来の有人宇宙開発に役立てられる。

   齋藤「リハビリのデータも大事なんですね。一般の人が宇宙に行く時代に役立つ。日本人が船長で、こうやっているというのは誇らしい」

   若田さんやスタッフは地上でもう一つの実験に挑戦している。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中