<祇園笑者>(読売テレビ系)
吉本興業・東京NSC「男女の乱れ凄い。カップルだらけ」トータル大村・渡辺直美そこまでしゃべっていいの?

印刷

   東西・若手ベテランに関係なく、毎回ユニークな組み合わせの吉本芸人2人が登場し、普段はできないアツい笑いの話や暴露トークを繰り広げる。よしもと祇園花月の舞台の収録で、この日はトータルテンボスの大村朋宏と渡辺直美が登場した。

   大村は東京NSC(吉本興業の芸人養成所)の3期生(1997年度生)、渡辺直美は12期生(2006年度生)という先輩・後輩で、トークも自然と東京NSC時代の話で盛り上がった。大村がNSCに通っていた時代と渡辺が通っていた時代では、すっかり養成所の様子が変わったという。なかでも、様変わりなのは恋愛事情だ。

   大村「聞いてるよ。昨今のNSCが乱れてるっていうのは」

   渡辺「そうそう、すごいんですよ、カップルだらけで。同期のジャングルポケットの斉藤さんは、自分の元相方と4年も付き合ってましたから」

   斉藤カップルは破局したが、同期同士でカップルになったうちの3組はめでたくゴールインしたそうだ。

お笑い養成所なのにイケメングループがやりたい放題

   さらに、「ここ最近はもっと大変なことになっているらしい」と二人は言う。大村と渡辺をびっくりさせたのが「エレパ」だった。NSCではネタがおもしろい順にクラス分けをされるのだが、17期生の中のエリートクラスに属する一部が、なぜか笑いではなく、イケメンという共通項で「エレクトリカルパレード」(略してエレパ)というユニット名の徒党を組んでブイブイ言わせていたらしい。彼らに憧れる女子グループまででき、彼女たちのことは「イッツ ア スモールワールド」と呼ばれていたのだという。シャレがきいているんだかいないんだか、よくわからないネーミングである。

   渡辺「やばくないっすか?」

   大村「(お笑い芸人として)売れてもいねえ奴らが何やってんだ。気持ち悪りぃなぁ」

   エレパは授業中にギターを弾きながら歌を披露するなど、授業と関係ないことを繰り返したあげく、まもなく解散させられた。

   渡辺は同期の女芸人からいじめに遭ったり、大村の時代は講師がいじめまがいの授業をしたりと、今だから話せる衝撃の暴露話の連続だった。持ちネタを披露するでもなく、小道具があるわけでもなく、話芸の力量がそのまま出るこの番組は、キャスト次第で見て損したということもよくあるのだが、今回はかなり笑わせていただきました!(放送5月9日深夜2時03分~)

バード

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中