マンホールにたばこポイ捨てドカーン!中のメタンガスに引火して火柱

印刷

   大阪市できのう21日(2014年5月)午後、タバコを吸っていた40代男性が火の付いたタバコを路上のマンホールのフタのアナに捨てたところ、思わぬ出来事が起きた。「マンホール(のフタ)が浮き上がり、火柱が頭の上ぐらいまで立っていた」(男性)

腕、腹、足にヤケド

   男性は腕、腹、足にヤケドを負った。「とくダネ!」の取材に対し、タバコは決められたところで吸うべきだったなどと反省の弁を述べているという。

危ないと思ってた

   「炎上」の原因となったのは、マンホールの中にあった大量のゴミから発生したメタンガスにタバコの火が引火したことだと考えられるという。

   司会の小倉智昭「マンホールの中にメタンガスがたまるというのは、昔から聞きますよね。よくマンホールにタバコを捨てる人がいて、危ないなとは思っていたが、やはりこういうことが起きてしまいました」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中