准看護師殺害の日系ブラジル女性「不法滞在」子どもの時から日本にいたのになぜ?

印刷

   大阪の准看護師、岡田里香さん(29)の遺体遺棄事件で、「新たな事実がわかりました」と森圭介アナが伝える。何かと思ったら、「おととい(2014年5月27日)に中国・上海の日本総領事館に出頭した日系ブラジル人女性が、不法滞在だったと、捜査関係者への取材でわかりました」という。

   おいおい、この女性は岡田さんと小中学校の同級生だぞ。父親も日本に住んでいる。それが不法滞在というのはよほどの事情で、警察はとうの昔にわかっていたはず。それをいまごろ「取材でわかりました」とは情けない。

中国公安当局「外交ルートで話し合い問題を解決」早期に身柄引き渡し

   この日系ブラジル人女性と同居していた中国人女性は、3月中旬から1か月間ほど就職のため帰国していた。2人は3年半程前から同居していたが、マンションは中国人が借りていたものだった。

名義貸し断られた?

   フラジル人女性はこの間に岡田さんを殺害して、遺体を「人形」として宅配便でマンションに送り、中国人女性が戻る前にトランクルームに移したのではないか。並行して岡田さんの名義でパスポートを取得して、帰国する中国人女性に同行して出国している。2人は近くのペットショップによく姿を見せた。仲睦まじかったという。最後はブラジル人が1人で挨拶に来て、店員に「上海へ行く」といっていたという。

   日系ブラジル人の身柄は現在、中国公安当局の手にあるが、中国大使館の報道官はきのう、「日本側から中国に対し身柄引き渡しの要請があった。外交ルートで話し合い、問題を解決していく」と話した。中国側が拒む理由もなさそうだ。

同居の中国人女性「犯行時期」は帰国中

   キャスターのテリー伊藤「中国人女性は就活のために中国へ帰っている。ブラジル人女性はこの間に殺害して遺体を送り、中国人女性が戻る前にトランク ルームに移している。中国人女性は知らない可能性もありますよ。むしろ中国人女性から出頭しなさいといわれたのかのしれない」

   森「在留資格を失っているために、賃貸契約も出国もできない」

   司会の加藤浩次「不法滞在だったから中国へは行けない。それで……」

   テリー「岡田さんに名義を貸してよといったのかもしれない」

   森「パスポートの写真は日系ブラジル人女性のものに差し替えられていたということです」

   え?パスポートは岡田さんの名義で作られ。ただし写真だけが違う「本物」だったんじゃないの。

   それより、子どものときから日本にいた。つまり家族ぐるみで日本にいた女性がなぜ不法滞在になったのか。それが知りたい。事件の本筋も見えるかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中