最後はか細い声でパパ…それでも置き去り!長男餓死殺人・斎藤幸裕「鬼畜の所業」

印刷

   衰弱した子どもが最後に発したのは「パパ」というか細い声だった。父親はそれを無視して出ていった。やがて子はひとりで死んでいった。ドストエフスキーでも、レミゼラブルでもなくて、神奈川・厚木のアパートで実際に起こった鬼畜の所業だ。

「がりがりになり死んでしまうと思った。立ち上がることもできず、おにぎりの袋も開けられなかった」

   厚木市のアパートで白骨化した遺体でみつかった斎藤理玖ちゃん(死亡時5歳)を放置し逮捕された父親の幸裕(36)の供述が少し明らかになった。見つかった先月30日(2014年5月)は、生きていれば13歳の誕生日だった。

行政の対処望みます

   斎藤は05年秋に妻が出ていったあと、ひとりで理玖ちゃんを育てていたが、06年から07年にかけては交際女性の家にいて、アパートには週に1、2回しか戻らなかった。最後のころの様子をこう話しているという。

「亡くなる2か月くらい前、理玖ががりがりになり死んでしまうと思った。最後に見たときは、立ち上がることもできず、おにぎりの袋も開けられなかった。病院に連れて行くとバレてしまうので、怖くて行けなかった」「最後にパパと細い声で呼ばれたが、そのまま立ち去った」

   まさに鬼のような父親だ。子どもの目に父の姿はどんな風に映ったのだろう。部屋に一人取り残される意味を感じ取っていただろうか。やがては死ぬと思っていただろうか。何か月も続く空腹をどうしていたのだろうか。

齋藤孝キャスター失格!そんなコメントなら小学生だって言えるぞ

   キャスターの齋藤孝があらたまって「なぜ理玖ちゃんを救えなかったのか、心が痛みます。今後2度とこういうことが起らないように、児童相談所の対応と行政の対処を望みたいと思います」なんて言っている。明治大教授だろ。こんなコメント、小学生だって言えるぞ。

   それよりも、この報道には欠けているものが多すぎる。理玖という立派な名前は子の将来への期待の表れだったはずだ。なのに、なぜ母親は出ていったのか。父親は「バレるのが怖かった」というが、それ以前にこの子が死んでほしいという意志があったように見える。それは何なのか。

   5歳の子どもがなぜ終日部屋に閉じこもっていられたのか。泣いたり叫んだり感情はなかったのか。最後は立てなくなっていたというのに、水を飲んだり排泄はどうしていたのか。どう考えても辻褄が合わない。

   この子がどんな子だったのかをきっちりと書かないと、全容を理解できない。いらぬ自主規制は墓穴を掘ることになる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中