「小学校トイレ盗撮」犯人は校長先生だった!女子教員を隣の個室からスマホ撮影

印刷

   群馬県高崎市の市立大類小学校で盗撮事件が発覚し、8日(2014年6月)に逮捕された容疑者はその学校の會澤紳喜校長(56)だった。5日午前、4時間目の授業の最中に児童も使う女子トイレを利用していた20代の女性教諭が、となりの個室から壁越しにスマートフォンを差し入れ撮影されているのに気付き叫び声をあげた。女性教諭は揺れる影で気づいたという。

駆けつけた男性教員に意味不明の弁明「怪しい!」

   女性教諭の悲鳴を聞いて、職員室の複数の教員がトイレに向かったところ、男性校長と出くわした。校長はあわてた様子で「自分もトイレに向かおうとしていたが、スリッパが脱げてしまい、トイレと逆側を向いていた」などと意味不明の弁明する。校長は校内に不審者がいないか調べるよう指示も出したそうだが、職員室では「校長が怪しい」という見方が広がった。

校長の不祥事続き

   通報を受けた警察は6日、校長に任意で事情を聞いたが、このときは関与を否定したという。7日の教育委員会の調べにも、「状況は不利ですが戦います」と話していたが、その日の夜になって教育委に「嘘をついていました」と電話をかけてきたという。その後、警察に出頭し逮捕された。

おととしから就任。教育熱心と評判だったが…

   會澤は1981年に小学校教員として採用され、教育委員会事務員などを経ておととし大類小の校長に就任した。きちんとした教育熱心な校長という評判だったという。

   教育委員会はきのう10日に緊急保護者会を開き経緯を説明した。「『1年生から4年生には校長先生がいけないことをしてしまいました』と話し、5、6年生には『大変な過ちを犯しました』と話をしました」と教育委員会の担当者は話す。

   司会の加藤浩次「周囲の評判は悪くないんですよねえ」

   ロバート・キャンベル(東京大教授)「先月も覚醒剤で校長先生が捕まる事件がありましたよね。この時も非常にいい先生と言われていた。しかし、酒を飲んだ、魔が差したというのとはまったく違って、昼間に勤務中のことですからね。保護者としてみれば、ほかにも、子どもに対してもと心配になるのは当然だと思います」

   警察は余罪がないか捜査している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中