剣ヶ峰!ギリシャとどう戦うか?大久保嘉人先発で「攻撃サッカー」見せろ

印刷

   司会の加藤浩次「切り替えていくしかない。次、やるしかない」

   キャスターのテリー伊藤「負けたのくやしいから、さらに応援して勝ってもらうしかない」

   W杯リーグ予選の初戦で敗退した日本代表は、20日(2014年6月)にギリシャと第2戦を戦うが、3戦の相手がコロンビアであることを考えると、このギリシャになんとしても勝たないことには決勝リーグ進出は難しい。

カギはドリブルと横パス

   そのギリシャもきのう15日、コロンビアに敗れた。サッカー解説者の都並敏史氏は「コロンビアが積極的に出て、ギリシャの堅い守備を八つ裂きにしていましたね。日本もこのコロンビアをお手本に、積極的に戦ってほしいですよ」

やるしかない

   勝つためのポイントは、ドリブルをいつも以上に使うこと、横パス(をカットされること)に注意することだそうだ。また、フォワードに大久保嘉人を先発起用することで、「攻撃的に行くぞというメッセージが出せる。最初から勢いを出してほしい」(都並)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中