小保方晴子「マウスすり替え」!共同執筆の若山教授「私が提供したのとは違う」

印刷

   理化学研究所の小保方晴子リーダーが成功したと主張するSTAP細胞は、すでに20年前から研究されている万能細胞の一種、ES細胞の可能性が濃厚になってきた。

   論文共著者の若山照彦・山梨大学教授が16日(2014年)に会見を行い、小保方氏が作成したとされるSTAP細胞は若山研究室が提供したのとは違うマウスから作られていたことを明らかにした。第三者機関に解析を依頼して判明したという。若山教授は「STAP細胞があるという証拠はなかった。予想していた中で最悪の結果と思っています。世界3大不正と思われてもしょうがない」と語った。

以前から小保方研究室の冷蔵庫にあったES細胞?

   その経緯はこうだ。若山研究室から提供を受けたマウスを使ってできたとされる小保方氏のSTAP細胞を使って若山教授が培養しSTAP幹細胞を作成し、さらにそれをもとに万能性のあるキメラマウスを作った。今回、保管していたSTAP幹細胞を第三者機関に解析を依頼した結果、若山教授の研究室のマウス由来とはまったく異なる遺伝子情報が出てきた。

崖っぷち

   「大前提となるところが崩れてしまった」(若山教授)というSTAP細胞のマウスはいったい何なのか。謎を解くカギは小保方研究室の冷凍庫にあった。ESのラベルの張ってある容器があり、理研が遺伝子情報を調べた結果、若山教授が解析を依頼したSTAP幹細胞の特徴と酷似していることが分かった。遺伝子情報に詳しい東大の菅野純夫教授は「結局、ES細胞だったのではないか。あってはならないミスだ」という。はたして単なるミスなのか。意図的にすり替えたのか現時点ではわからない。

小保方晴子リーダー!もう公開で作ってみせるしかないよ

   小保方氏は「STAP細胞は200回以上作成に成功しています」と話していたが、若山教授によると、STAP細胞をつくるのには数匹のマウスを使う。「200回ということはその200倍、僕のマウス室の規模ではそこまで提供できない。小保方さんはマウスには詳しくなかったので、そういう発言になったと思っていた」という。

   司会の小倉智昭「これで小保方さんは崖っぷちに追い込まれましたね」

   今後について、若山教授は「(STAP細胞が)絶対にないという証拠を出すことはできないので、できるという人が再現する以外に現時点では方法はない」と語る」

   つまり、小保方氏が作ってみせるほかないというわけである。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中