「スーパーマリオ」世界記録更新!4分57秒でクリア―ソフト改造疑惑

印刷

   1985年に発売されたファミコンソフトの「スーパーマリオブラザーズ」は、動画サイト「YouTube(ユーチューブ)」で現在も最短クリア記録が競われているが、6月(2014年)下旬に大きな動きがあった。「Super Mario Bros. Speed Run in 4:57.69 (World Record)」という動画が4分57秒台でクリアを達成し、「世界記録」を更新したのだ。

「パックンフラワーに接触している」

   ユーチューブでは11年に「Super Mario Bros. Speed Run - 4:58.89」という動画で、58秒台の記録が出ている。動画投稿者のアンドリュー・ガーディキスさんは当時、「これ以上の記録を出すのはおそらく無理だろう」と誇り、「理論上は57秒台が最速だろうが、出せたら奇跡的だ。宝くじに当たるようなもの」と記していた。

   今回の記録については、タイムが驚異的なことや、マリオが敵のパックンフラワー(土管から出てくる植物)に接触しているように見えることなどから、ソフトを「改造」したのではないかという疑惑も浮上している。動画投稿者のLordSaradocさんは正当なプレーだと反論http://i.imgur.com/DpY0WaS.pngしている。

   もっとも、過去のスピードラン映像でもマリオがフラワーに接触しているように見える。過去の早業と今回の世界記録とで、なにがどう違うのかを見て取ること自体、素人には至難の業だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中