大泣き兵庫県議 地元じゃ評判散々!感情の起伏激しく「やっぱりやらかしたか」

印刷

   日帰り出張195回の交通費として約300万円の政務活動費計上するなど、兵庫県議会議員の野々村竜太郎議員に不明朗支出の疑惑が浮上し、おととい1日(2014年7月)の釈明会見で大泣きして世間を唖然とさせたが、司会の加藤浩次は「具体的な説明はなかった」と伝える。

「なんで議員になろうと思ったのかもよくわからなかった」

   この「号泣県議」はいったいどんな人物なのか。兵庫県川西市の元職員で、4回の選挙落選を経てやっと議員になったという。

説明なし

   阿部祐二リポーター「マニフェストは不正経理の追及だったが、逆に自分が追及されています」

   周囲からはマジメな人物で、議会でもよく発言するといった声が聞かれる半面、感情の起伏がはげしいとの評判があるという。西宮在住で、本人をよく知るという人物は「やっぱりやらかしたかと。このへんでは(信頼感は)いっさいない。なんで議員になろうと思ったのかもよくわからなかった」などと話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中