2018年 9月 21日 (金)

サッカーW杯で八百長!?国際的組織「カメルーンの敗北・スコア・レッドカード」的中

印刷

   熱戦が続くサッカーのワールドカップ・ブラジル大会で、カメルーン代表に八百長疑惑が浮上したそうだ。先月(2014年6月)19日のカメルーン対クロアチア戦で、カメルーンは0―4で敗れた。この試合でカメルーンのソング選手は審判の目の前で相手選手に肘打ちを食わせ、レッドカードで退場させられた。

ドイツ週刊誌「シュピーゲル」報道

   ドイツのニュース週刊誌「シュピーゲル」によると、国際的な八百長組織の一員であるぺルマル氏が、この試合前に4―0というスコアや、カメルーンに退場者が出ることを「予言」して的中させたそうだ。しかし、ペルマル氏はその後、「週刊誌の記者とやりとりしたのは、試合の数日後だった」と報道を否定。雑誌側は「(取材は)試合の数時間前だった」と反論し、主張が食い違っているという。

スコアまでは…

   キャスターのテリー伊藤「勝ち負け(の操作)はもしかしたらできるかもしれないけど、4―0って数字までってのはむずかしいじゃないですか。俺もよくわかんないけど」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中