元AKB・小野恵令奈が芸能界引退 「新たな夢や目標ができました」

印刷

   元AKB48の小野恵令奈(20)が7月3日(2014年)のブログで芸能界からの引退を発表した。

   小野は06年にAKBに2期生として加入、選抜総選挙では最高11位にランクインするなど人気メンバーだった。AKBを卒業した10年からは女優や歌手など幅広い分野で活動し、12年には第54回レコード大賞新人賞受賞、13年には「タンクトップファイター」で連続ドラマ初主演を果たすなど幅広く活動していた。

   小野は「夢の様な時間、景色を見させて頂きました」と芸能界での経験を語る。

   しかし、「無我夢中でいられた反面、思春期を経て色々と考える様になった」「20歳に近づくにつれてその想いが強くなっていき、自分自身と向き合って考える時間も増えていきました」という。そして「新たな夢や目標」ができたことをきっかけに引退を決意した。

   ブログの最後では「違う形ではありますが、新たな目標に向けて進むべき道を一歩一歩しっかり進んでいきたい」と思いを綴っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中