「ASKA 音楽活動に戻るべきじゃない。戻ったら再犯の可能性」(テリー伊藤)

印刷

   覚せい剤を使用した疑いなどで勾留されていた歌手のASKA被告がきのう3日(2014年7月)午後、保釈された。東京湾岸警察署前には「報道陣がつめかけ、ファンもふくれあがった」(大竹真リポーター)という。

   20人ほどが集まったファンからは「ASKAさま~」といった声が飛び、「早く健康を取り戻してください。『僕には歌がある』ということを思い出して生きてほしい。待ってます」と話していた。

50歳以上の再犯率8割以上

復帰なんていうな

   キャスターのテリー伊藤は、音楽活動の行き詰まりからクスリに手を出したASKAは音楽活動、芸能界という環境を変えるべきだという。「50歳以上の覚せい剤再犯率は8割以上という事実があるんです。音楽活動に戻ったら、苦しみながら再犯する可能性が高いですよ。周りの人も生半可に(ASKAを)復帰させたいとか言っちゃダメですよ。それがまた彼を苦しめることになる」「彼が今後、幸せかどうか。芸能界にないほうがいい幸せだってたくさんあるんですよ」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中