2018年 10月 24日 (水)

<もっとたりないふたり>(日本テレビ系)
山ちゃんとオードリー若林「恥ずかしすぎるネタ帳」スベりまくりの灰色時代!あるとき突然の思い付きでブレーク

印刷

   南海キャンディーズ山里とオードリー若林は、どちらも名前が売れた当初は『じゃないほう芸人』だった。けれど、いまやその実力・人気は相方をしのぐほどだ。それなのに、なぜかほんのり卑屈、でもプライドがないわけじゃない。人見知りで負けず嫌いで、つい世の中をひねて見つめがちだ。そんな二人がコンプレックスをさらけ出し、互いに互いを抉り出す笑いが気持ちいいトークコメディとなった。セットはシンプル、小道具もゲームもなし。喋りだけでちゃんと笑わせる。それを成立させるのって、こんなに難しくて、こんなに軽快なのね。初めて見たけどこの番組、かなり好きかも!

「笑金もない」「M1もない」「技術がない」…

   今週は、「最近、山里を見失っている」という若林の一言から始まった、互いの「ネタ帳」を見せ合い、紹介しあうスペシャルウィークの後編だ。芸人にとってのネタ帳は、ウケたときも滑ったときもみな知ってるおじいさんの古時計的アイテムである。これを互いに茶化しながらも、真面目に紹介していくのだから見ごたえはばっちりだった。

   最初は若林のネタ帳を山里が紹介する。どつぼにはまっていた22~23歳の若林のノートは、無数のギャグと「すべった」の書き込みで埋め尽くされていた。「笑金もない」「M1もない」、そして極め付けには「技術がない」。そんな灰色の修業時代のターニングポイントは、山里に言わせると「オードリーがオードリーになった瞬間」。若林は常識人、春日は自分が常識人だと思っているけれど、はたからみたら非常識な人という構図で漫才をしたらどうかという書き込みは、たしかに今のオードリーのスタイルだ。思いついた瞬間、「売れちゃう!」って思ってリビングでそわそわしたという若林の興奮も理解できる。だが、そのアイデアを春日に話すと、「どういうことっすか?「ふたりともツッコミなんすか」とトンチンカンだったという話もいいオマケになっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中