台風一過!今度は「熱中症にご注意ください」来週初めまで35度近い猛暑

印刷

   台風8号は今朝11日(2014年7月)午前5時前、千葉・富津市付近に再上陸して鹿島灘に抜け、昼前には三陸沖で温帯低気圧になった。勢力もすっかり弱まって、首都圏では雨もパラパラ、風もチョロチョロ。厳戒態勢は完全に肩すかしとなった。空の便、鉄道、道路もほぼ平常通りだった。まあ、こういう肩すかしは悪い事ではないが…。

局地的な記録的豪雨置き土産

   なんとも奇妙な台風だった。沖縄、九州南部、四国と進路上で大雨をもたらしたのはわかるが、まだ本体が九州にいるときに、新潟、山形でとんでもない大雨をもたらし、長野では大規模な土石流で中学生が死亡した。しかも久々に関東をかすめるというので、みな身構えた。

   ところが、紀伊半島をかすめて遠州灘を東進するあたりから、東海、関東甲信越では強い雨の区域がほとんどなくなり、逆に北に押し上げられた梅雨前線 が活発化して東北、北海道に雨雲が集中した。結果的に、ごく局地的にとてつもない雨をもたらした。

   土石流が発生した長野・南木曽町では10日午前4時40分からの1時間に97ミリと観測史上最大を記録、普段は小さな流れである梨子沢の上部2箇所が崩落して巨岩が集落を襲った。山形・南陽町では24時間に195.5ミリとこれまた記録的な雨量で、川があふれて町一帯を水浸しにした。住民は「70歳になるけどこんなの初めて」「記憶にない」という雨量だが、少し離れたところは何ともない。

南太平洋上で「次の台風の卵」発生

   これは首都圏でも同様で、台風が房総半島を横切っているときに、半島南端の館山にいるリポーターは「雨は止んで風もほとんどありません」といっている。東京でも同じで、台風が海へ抜けるか抜けないかという午前7時に、気象予報士の尾崎朋美は「赤坂ではときおり雲が切れて明るく」といってると、杉並や世田谷はカンカン照りだった。

   東京では前夜から雨も風もほんのわずかで、新橋でも渋谷でもリポーターは「悪材料」を並べるのに苦労していた。こんなときはいっそのこと「ほとんど影響がありません」「よかったですね」といった方がすっきりするだろうに。

   レーダーの雨雲をみるかぎり、このあとは東北、北海道東部に100ミリ前後の雨が予想されるが、最も厚い雨雲が太平洋上にあるのが幸運といえる。 尾崎は「強風域が広いのと波がまだ高いので、きょういっぱいは注意が必要。大気も不安定」というが、見あげれば雲ひとつない青空だ。

   台風一過は猛烈な暑さになるという。東京でも33度、西日本から仙台まで30度以上の予想で、これは週末から来週初めまで続く。「こんどは熱中症にご注意ください」とまあコロッと変わる。

   しかし、梅雨前線が東北地方にあったというのも変な感じだ。それが台風に押し上げられて、梅雨がないはずの北海道が水浸し。やっぱり異常気象といっていいのだろう。梅雨明けには豪雨というのが普通だが、あと1回あるのかどうか。南太平洋上には次の台風の卵、熱帯低気圧ができたそうだ。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中