2019年 9月 21日 (土)

サッカーW杯「アルゼンチンVSドイツ」南米で欧州優勝なしのジンクス

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   サッカーW杯の準決勝「オランダ対アルゼンチン」は日本時間できのう10日(2014年7月)朝にTBS系が中継し、0―0のまま延長戦からPK戦ににもつれ込んだため、「あさチャン!」が放送休止になった。

   壮絶な試合だった。アルゼンチンはメッシ、オランダはロッベン、ファンペルシーというストライカーを擁しての闘いは、互いに守りを固め、かつエース潰しに出たため、シュート数も少なくしびれるような緊張感の、見ていても疲れる試合になった。

   PK戦の末アルゼンチンが24年ぶり の決勝進出を決めたが、オランダのロッベンがスタンドで涙する幼い息子に声をかけたあと、言った言葉がよかった。

「これ(敗戦)を見るのは子どもには楽しくないだろうが、負けることもスポーツの一部だと勉強になったはずだ。負けるのは楽しくないが、人生の終わりではない」

   穏やかな表情だ。かっこいい。さすが 一流は違う。

因縁の対決!これまで決勝戦1勝1敗

   決勝戦のドイツとアルゼンチンは因縁の対決だ。1986年のメキシコ大会の決勝戦はマラドーナの活躍でアルゼンチンが勝った。90年のイタリア大会の決勝はドイツ(当時は西ドイツ)が勝った。2010年の南アフリカ大会は準々決勝だった。メッシは十分な働きができず、ドイツが4―0で敗れた。メッシにも監督だったマラドーナにも苦い思い出だ。果たしてリベンジはなるか。ドイツは強力な個人力、組織力をもつ。

心配ですよ

   サッカー解説者の水沼貴史は「南米でヨーロッパは優勝したことがないんで、ドイツはモチベーションも高いと思います。すごくいいカードですよね」という。結果なんか予想したって始まらない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中