2018年 6月 18日 (月)

「ジャストシステム」ライバルの「ベネッセ」流出顧客情報購入!知らなかったで通るか?

印刷

   通信教育大手の「ベネッセ」から「進研ゼミ」などの通信講座の顧客の個人情報が最大で2070万件流出した。ベネッセは情報はデータベースからなんらかの形で外部に持ち出されたが、不正アクセスや社員による持ち出しはないとしている。

   流出した情報は名簿業者を通してライバル社である「ジャストシステム」に渡り、ジャスト社はベネッセの顧客にDMを送るなどしていた。ジャスト社は「ベネッセから流出した情報とは認識していなかった」とコメントしている。

230万件の大量情報

   キャスターのテリー伊藤「ジャストシステムさんは230万件の情報を手に入れたと言われてるが、業者に『なんでそんな情報が手に入るの、どっから仕入れたの』と素朴に聞きたくなる気がするんですがねえ。知らなかったですむんですかね」

不思議に思うはず

   菊地幸夫(弁護士)「あまりに大量の情報だと、通常はチェックすると思いますね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中