ウッチー内田恭子アナ NHK大河「軍師官兵衛」でお市!「私でいいのかな」

印刷

   フリーアナウンサーの内田恭子(38)がNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」に、織田信長の妹「お市」役で出演する。お市は戦国一の美貌の持ち主だったといわれ、浅井長政、柴田勝家に嫁ぎ、勝家が羽柴秀吉に攻められ敗れたときに自害した。秀吉はなんとか手中しようとご機嫌をとったが、お市は秀吉を最後まで嫌ったという。

   内田は1999年にフジテレビに入社、06年にフリーとなった。これまで女優の経験はほとんどなく、もちろん時代劇は初出演だ。大河ドラマ出演については「何でだろう。いいのかな、私で」と話しているという。

   内田は8月3日(2014年)放送の第31回「天下人の道」に登場する。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中