田中将大の故障でダルビッシュ「原因はスプリットでなく中4日のローテーション」

印刷

   第85回MLBオールスターゲームがきのう16日(2014年7月)、ミネアポリスのターゲット・フィールドで行われた。アメリカン・リーグにダルビッシュ(レンジャーズ)と上原(レッドソックス)が、3人目と6人目で登板して、ともに無安打無失点に抑えた。試合は5―3でア・リーグがナショナル・ リーグを下した。

上原浩治「自分は無理のないフォームで投げてる」

   この日の主役は今季限りで引退するヤンキースのジーター(40)で、14回目の出場だ。最初のバッターボックスでは相手投手までがグラブを置いて拍手した。ジーターは「始めようや」と声をかけて、いきなりヒット。次の打席もヒットを放って、その後の守備で交代した。ベンチに下がるジーターに球場は総立ちで拍手を送った。

齋藤:先発投手増やせ

   ダルビッシュは3度目の選出だが、登板したのは初めてだった。「凄い選手が後ろにいるので変な気分だった」と話したが、投球内容は完璧だった。1回を3人で切ってとった。上原は6回2死3塁の場面で、スプリットで三振に仕留めた。「1人だけといわれていた。1人でも十分」と満足気だった。

   それより注目されたのは前日の会見だ。上原は田中将大(ヤンキース)の故障者入りによる繰り上げ出場だったため、田中の故障(右ひじじん帯の部分断裂)についても語った。故障の原因が「スプリットの投げすぎ」といわれていることについて、同じ球が武器の上原は「すべてスプリットのせいにするのはおかしい。無理のないフォームで投げること」と強調した。

「120球、140球投げても中6日あればじん帯の炎症とれる」

   ダルビッシュも同じ意見で、「むしろチェンジアップの方が負担がかかる」と話すが、故障に関しては「登板間隔の方が大事だ」という。日本では中6日の先発だが、MLBでは先発5人による中4日が普通だ。代わりに球数制限(100球)を設けているが、ひじや肩を傷める選手が続出している。じん帯を再生するトミー・ジョン手術を受けた投手は昨年だけで124人。2011年に手術した松坂大輔は、今年ようやくメジャーに復帰した。

   ダルビッシュは「絶対に短かすぎる。120球、140球投げても中6日あればじん帯の炎症もとれる。最低でも中5日」と主張した。松坂は「無理せずしっかり休んで、ぼくのようにあとを引きずらないように」とアドバイスしていた。

   TBSのメジャーリーグ担当笹田幸嗣は「球団に大切に育てられた投手がみんなトミー・ジョン手術を受けています。球数制限だけではダメという空気がMLB全体に広がっていますね。いまなら聞いてもらえると、ダルビッシュのあの発言になった」という。アメリカのメディアも「6人ローテーションが正解?」と書くようになった。

   田中は今シーズンの復帰を目指し、復帰に1年かかる手術ではなく、PRP治療(血小板による自力再生)を行うという。最短で6週間だという が…。

   キャスターの齋藤孝「ダルビッシュの発言は影響を与えると思いますね。先発投手を増やして、6人、7人にしておけばいいだけのこと。日本はそうなっています。だから手術もない」

   石井大裕アナ「ダルビッシュの発言がどう受け止められるか注目です」

   スポーツ選手を壊しちゃいけないよね。合理的なMLBともあろうものが。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中