2018年 9月 26日 (水)

SMAP27時間テレビ視聴率20・5%!あおり食ったNHK大河「軍師官兵衛」大幅ダウン

印刷

   26日(2014年7月)から27日にかけて放送されたフジテレビ系「武器はテレビ。SMAP×FNS 27時間テレビ」の平均視聴率は13・1%だった。これは深夜や早朝も含めた全放送の平均で、27日の午後6時半から8時54分までのグランドフィナーレに限れば20・5%を記録した。瞬間最高視聴率はSMAPが「サザエさん」にアニメで登場した27日午後6時46分、SMAPのノンストップライブ終了時の8時2分で23・8%だった。

   これによって、フジテレビは週間視聴率(7月21~27日)でゴールデンタイム(午後7~10時)、プライムタイム(午後7~11時)、全日(午前6~午後12時)で3冠王になった。フジテレビが週間3冠を獲得したのは12年7月以来だ。

   このあおりを受けたのがNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(NHK総合よる8時)だ。「本能寺の変」から「中国大返し」という前半の見せ場で、ここにきて平均視聴率のV字回復などと言われ、前週は19・4%とこれまでで最高を記録した。次は20%を超えるかと注目されたが、15・6%と逆にがた減りしてしまった。27時間テレビに食われたのは間違いない。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中