中国・周永康「異例の最高指導部追及」習近平のライバルつぶし!主席暗殺も計画

印刷

   「打老虎(ダァラオフー)」というのだそうだ。老虎とは高級官僚のこと。これを叩け――中国共産党の最高指導者の1人だった周永康・前政治局常務委員(71)を「重大な規律違反」を立件する動きが急だ。規律違反は通常は汚職を指すが、今回はどうもそれだけではないらしい。

一族の蓄財1兆7000億円

   周をめぐる噂は、厳しい報道統制のなか、昨年(2013年)の12月頃から流れていた。伝えられる不正蓄財の額は、本人と親族、側近合わせて1000億元(約 1兆7000億円)というから半端じゃない。石油事業、不動産業、金融業で周の政治力を利用して家族が違法経営をしたのだという。

政治抗争
政治抗争

   その政治力はどうして得たのか。周は北京石油学院を出て、油田技術者が振り出しだが、40代で共産党に入党して頭角を現し、50代で初代国土資源相となって石油閥の利権を握った。07年には政治局常務委員に就き、胡錦涛政権では序列9位。公安担当として警察・検察・裁判所を所管した。

   汚職・蓄財だけではない。13年8月に2度にわたって習主席暗殺を謀ったという。1度は会議室に爆弾、2度目は病院の検査に毒針というのだが、にわかには信じ難い。「妻を交通事故に見せかけて殺した」という報道もあった。

   拘束されたのは親族、側近合わせて350人という。長男(42)は数千元で買った油田の開発権を5億元(約82億円)で転売、周が登用した公安省次官は元国営中央テレビのディレクターで、ここからテレビのアナウンサーまで汚職容疑で拘束された。行方不明の女性アナもいて、周の愛人だった―真偽不明の情報が飛び交っている。

判決は執行猶予付き死刑

   中国では政治局常務委員を訴追したことはほとんどなかった。そこに手を付けたということは、「だれであろうと不正は許さない」という習主席の強い意志を表す。周追及は胡錦涛、江沢民という国家主席経験者の了解も得ていると見られている。周は江沢民と近かった。

   中国事情に詳しい拓殖大の富坂聡教授は「習政権が国民の支持を集めることが狙いでしょう。共産党は『自浄能力がある』というアピールです」という。処分は「おそらく『執行猶予付の死刑』(日本でいう無期懲役)になるのではないか」と話す。

   和泉昭子(生活経済ジャーナリスト)は「中国はいま経済が少し鈍化していて、格差も開いているので、これだけで国民が納得するか疑問ですね」という。

   井上貴博アナ「習主席が政治的ライバルを蹴落としたいだけといううがった見方もあります」

   うがった見方どころか、むしろそれが狙いだろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中