加藤綾子、田中みな実へ謝罪「私がダメだしする立場でもなく、そのような思いも全くありません」

印刷

   フジテレビの加藤綾子アナウンサー(29)が8月10日(2014年)、TBSの田中みな実アナウンサー(27)に対する発言についてブログで謝罪している。

   6日、田中アナが司会を務めるワイドショー「サンデージャポン」(TBS系)の取材を受けた加藤アナは、「田中アナウンサーが好感度を上げるためには何をすればいいでしょうか」というレポーターの質問に「(田中アナは)ぶりっ子しないほうがいいんじゃないですか」と答えた。その模様は10日に放送された。

   これまでも、仲が悪いとを噂されていた2人だけに、スポーツ紙やネットは挙って「加藤アナが田中アナにダメ出しをした」と取り上げた。

   これを受け、「私がそんなことをアドバイス出来る立場ではないことは十分承知しています」「お答えしないといけない場だったので、ぶりっこはやめた方がいいと思います。ぶりっこキャラをこれまでもやらなくてはいけない状況で求められてやっていたと思いますが、本当にやっていると思われてしまうと田中アナウンサーにとってあまり良くないと思うのでという内容で答えさせて頂きました」と発言の真意を語った。

   そして「私がダメ出しする立場でもなく、そのような思いも全くありません」「ダメ出しという報道に繋がってしまったことに田中アナウンサーに対して大変申し訳なく私自身とても残念に感じております」と陳謝した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中