湯川遥菜さん ただの戦争オタク?「この緊張感が刺激的で癖になりそう」

印刷

   内戦まっただ中のシリアにのこのこ入り、反政府武装組織「イスラム国」に拘束された湯川遥菜さん(42)は何が目的だったのか。浮かび上がってきたのは、現地事情もよく調べずに安易にビジネスチャンスを探しに行った戦争オタクの姿だった。

以前は自衛隊向け服・資材の納入会社勤務

   湯川さんのホームページによると、今年1月に民間軍事会社「PMC・JAPAN」を設立している。前職は自衛隊に服や資材を収める会社勤務だった。その中で夢でも見たのか、紛争地などでの国の要人保護や企業の施設を守るセキュリティーの仕事を思いついたらしい。この会社の顧問をしているという木本信男氏はこう話す。

バカヤローです
「当初、話があったのは海賊が出るソマリアで貨物船を守るための護衛で、それをメーンにしたいという話だった。それがシリアの方にルートがあったのだろうか、向こうで勉強したいといいだしたんです。英語も日常会話がスラスラできるレベルじゃないのに…」

   今年4月(2014年)にもシリアを訪れていて、その時のブログには「僕はこの程良い緊張感がまた刺激的で癖になりそう」と書かれていた。その時にシリアで会ったというジャーナリストの後藤健二は「会った瞬間に、これは(紛争地の)プロフェッショナルではないなと分かりました。経験が足りないし、もっとやるべきこと、覚えることがあるんじゃないかと言ったんです」と忠告したという。ところが、7月下旬に再びシリアへ向かう。出発直前にブログにこんな心境を綴っている。「たぶん、今までの中で一番危険かもしれない」

   シリア情勢に詳しい東洋英和女学院大の池田明史学長は「シリアは現在、空から政府軍が爆撃し、地上では反体制派のイスラム戦線とアルカイダ系のイスラム過激派組織『イスラム国』が戦っており、誰が敵で誰が味方か分からない状況です」という。そんなシリアへ反体制勢力「イスラム戦線」のメンバーに同行する形でトルコ側から入り、敵対するイスラム過激派組織「イスラム国」に拘束された。一緒にいたイスラム戦線のメンバーは殺害されたという。

VIP警護の「民間軍事会社」自称して真っ先に自分が拘束

   ロバート・キャンベル(東大教授)は厳しい指摘をする。「紛争が起きているところに一人で入って、民間軍事会社を名乗るなんていうことは、普通はあり得ないことですよ。日本人が紛争地に渡航した時に安全に護衛する狙いでPMCを設立したと言っていますが、真っ先に自分が拘束されてしまった。これは推測ですが、おそらく身代金を要求されると思います。いま生きていることはそれを意味する」

   「イスラム国」は資金調達の手段として、おととしから金持ちのヨーロッパ人、とくにドイツ人、フランス人を誘拐し身代金を密かに取っている。6人で6000万ドル以上が身代金として流れたという。一方、身代金は払わないと政府が断言している米国人や英国人の誘拐はないという。

   キャンベル「もし日本政府が身代金を要求されて払えば、今後、中近東へ出ていく日本人はさらなる危険に晒されることになります。言葉は悪いが、バカヤローと言いたい。12年8月にシリアで取材中に政府軍の銃撃で殺害された山本美香さんの事件とは全く違うということです」

   危険を承知で行う冒険はすべて自己責任だが、外務省が渡航制限をしている紛争地へさしたる準備もなく入っていったのは、単なる暴走行為である。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中