<広島>15年前にも同じ地域で土砂災害!今回と同じ「真砂土」の表層崩壊

印刷

   大規模土砂災害に襲われた広島市北西部はもろくて崩れやすい地質で、15年前にもほぼ同じ地域で土砂崩れで32人の死者・行方不明者を出した。花崗岩が風化してできた「真砂土」といわれる地表に大量の雨が降ったことが引き金になった。

「土砂災害警戒情報」出たときはすでに胸まで泥水

   雨が降り始めたのは19日(2014年8月)午後7時ごろで、気象予報士の資格を持つ広島工業大環境学部の田中健路准教授によると、太平洋高気圧のふちにそって吹く暖湿流が山にあたって積乱雲の発生を繰り返し、大量の雨をもたらす降水帯が線上に細長くできるバックビルディング型の降水帯ができていたという。

生かせなかった教訓

   気象庁が大雨洪水警報を出したのは午後9時26分だったが、広島市がこの時点で避難準備の呼びかけを行っていれば様子は違っていたかもしれないが、対策は行われなかった。翌20日午前1時15分に気象庁が土砂災害警戒情報を出したが、この時点ですでに泥水が胸のあたりまで来て避難するのは危険な状態だったという。

   その2時間後の午前3時20分ごろ同時多発的に土砂崩れが発生した。市が避難勧告を出したのはさらに1時間遅れの午前4時15分だった。田中准教授は「もろくて崩れやすい真砂土に大量の雨が降って徐々に土の中に浸透し表層崩壊が起きた」とみている。

山口県、六甲山も同じ地質

   土砂災害に詳しい新潟大の災害・復興科学研究所の福岡浩教授によると、真砂土は西日本では山口、広島、六甲山中に多く、過去に何度も土砂災害を繰り返している。広島県内は48%が真砂土で覆われ、広島県には土砂災害特別警戒区域に指定されている箇所が全国最多の1698か所もあるが、調査に時間がかかるなどの理由で今回の災害現場は指定から外れていたという。

   司会の加藤浩次「なぜ15年前の教訓が生かされなかったのでしょうか。どうして特別警戒区域に指定されなかったんでしょうかね」

   福岡教授は2つの理由を挙げた。一つは平地が限られ宅地が山間部へ拡大し続けていること。もう一つは危機意識が十分住民に浸透いていないことだという。「15年前の惨事と今回はまったく同じメカニズムで、山あいの谷の出口は、普段は水が流れていなくても雨が降れば土砂災害発生の危険があります。せめて谷の出口にあたるところは予備的でも避難勧告があってもよかった」と指摘する。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中