まるで砂―広島市ベッドタウン襲った「真砂土」水含みやすくすぐ崩落

印刷

   広島市北部のベッドタウンを襲った土石流現場から大竹真レポーターが伝える。土石流の原因がもろい真砂土だと聞いた大竹が、乾いた土を手に取ってこすると、指の間からこぼれた。「まるで砂ですね」

   瓦礫の中で呆然と佇んでいる女性は「甥っ子とその息子を探している」と話す。「家族5人のうち3人は病院で手当てを受け元気だが、2人が見つからない」と目頭を押さえた。

   救助作業にあたる自衛隊員は大型重機も数台待機しているが、大量の岩や倒木で埋まり被災地に入っていけない。やむを得ずスコップや電動ノコギリ、電動ドリル持参で救助作業にあたるしかない状態という。時間がかかるが、行方不明者を一刻も早く救うには手作業でもやるしかない。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中