日本海の津波想定21メートル!地震発生から1分で到達―避難不可能

印刷

   研究者などによる国の有識者検討会はきのう26日(2014年8月)、日本海でマグニチュード7・9~6・8の地震が発生したときの津波の想定を公表した。北海道から東北の一部地域で10メートル超の津波が想定され、もっとも高いのは北海道のせたな町で最大23メートル。本州では青森の深浦町が最大17メートルとなっている。

海底浅く、太平洋側より高くなる特徴

   せたな町町長「全国でせたな町が一番高い津波だということで、これについては正直、大変驚いています」といい、深浦町総務課「すごく検討課題が多いですね。防波堤、幹線道路をつくるといったことは、国、県のほうで動いてもらわないとむずかしい」と話す。

日本海の方が高い!?

   キャスターの齋藤孝「太平洋側は前から(津波の危険性が)言われていましたが、日本海側で20メートルというのはちょっとオドロキですね」

   太平洋側とくらべると、日本海は海底が浅く津波がより高くなる特徴があるという。また、震源が陸地に近く、ごく短時間に津波が襲ってくる可能性が高い。検討会議は北海道・奥尻町、山形県酒田市な6都道府県15市町村では、地震発生から1分で津波が到達するとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中