軟式高校野球「中京VS崇徳」延長50回!応援団も想定外「宿取ってない」

印刷

   「もうひとつの甲子園」と呼ばれながらも、注目度はいまひとつの全国高校軟式野球選手権大会が、甲子園顔負けの扱いになった。東海代表の中京(岐阜)と西中国代表の崇徳(広島)の準決勝戦が延長50回という4日間にわたる激戦となったからだ。2人の投手がずっと投げ続け、中京が勝ったが、いや驚いた。

投げ続けた2人の投手―松井大河709球、石岡樹輝弥689球

   準決勝戦は先週28日の木曜(2014年8月)で決着し、金曜には決勝が行われるはずだった。ところが、延長15回で「ゼロ対ゼロ」でサスペンデッドになった。このときは、世間の注目度はまだ低かったが、翌日もまた15回で「ゼロ対ゼロ」となって、すごいことになってるということになった。「モーニングバード!」も黒宮千香子レポーターを送り込んで、延長31回からを見守った。

99個の0にドラマ

   ところが、3日目に試合が始まっても、中京の応援団席に生徒たちの姿がない。予期せぬ延長戦で宿をとっておらず、前日4時間かけて岐阜・瑞浪市まで戻り、 この日早朝にとんぼ返りしたのだが、渋滞に巻き込まれて到着が遅れた。応援団が到着したのは午前11時だった。

   黒宮が「45回を終わっても決着がつきませんでした。あすに持ち越されます」と話していて、これが土曜30日の収録だ。日曜のスポーツ紙は一斉にこの前代未聞の試合を「延長46回突入」「球史に残る」「世界最長」と、1面トップで伝えた。これでヒマ人が、いやいやファンがどっときた。

   球場も甲子園ではない。兵庫・明石トーカロ球場は対戦校の応援団を除けば一般の入場者は多くない。その観覧席が人で埋まった。選手も必死だが、親たちも一緒に戦っていた。「ここまできたら気持ちよく」「きょうは勝ってほしい」

   再試合ではなく延長戦だから、1度ベンチへ下がったらもう出られない。両チームとも1人の投手が投げ続ける。そして運命の延長50回、試合が動いた。疲れの見えた崇徳・石岡樹輝弥投手から中京はノーアウト満塁のチャンスをつかみ、先制打が出た。長いスコアボードに初めて3の数字。その裏を中京・松井大河投手がゼロに抑えて決着した。

   松井投手のこの試合の投球数は709球。「笑顔で最後までみんなで楽しくやろうと思ってました」と話す。対する石岡投手は689球。「自分の意志で投げさせてもらって、マウンドは降りたくなかったです」といった。両チームの選手が駆け寄って互いをたたえる爽やかな幕切れだった。

中京、直後の決勝戦も制して優勝

   しかも、もうひとつドラマがあった。勝った中京は2時間後、南関東代表の三浦学苑との決勝戦に臨んだのだ。崇徳の選手たちも中京席で応援する。石岡投手の姿もあった。

   中京は投手を替えたが、4回に迎えた1死2、3塁のピンチに再び松井投手が登板した。バッテリーの好判断でスクイズをはずして3塁走者を刺し、ピンチを脱した。そして6、7回に得点し、松井は8、9回をすべて三振にとって勝った。初戦から4試合79イニングで1047球、1失点。松井を支えた守備は失策1。この1は松井自身の悪送球だった。これも凄い。

   スタジオも感嘆だ。おまけに司会の羽鳥慎一が「珠ちゃんやったことあるんですよね、放送を」と振る。

   赤江珠緒キャスター「軟式野球やりました。明石球場で。だから50回を1人のアナウンサーが実況していたのかなと」(笑い)

   スタジオにゼロが並ぶスコアボードを作ったが、0が99個。まあ、壮観だ。全部延長戦だから、黒宮が「いつ試合が終わるかわからない。投手もすごかったが野手もすごかったしまった試合でした。31回から20イニング見ましたが、エラーが中京1、崇徳5ですから」

   石原良純(タレント)「ゼロの一つひとつにドラマがあるんだよね」

   羽鳥「この大会で5000人というのは…」

   赤江「決勝でもそんなに入らないです」

   石原「体が心配ですね」

   羽鳥「人間形成にいい。負けたチームが応援にいくなんて」

   これで軟式にもっと目が向けられるもっといい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中