形悪いが値段は安い「わんぱく野菜」人気!「マルエツ」200店舗で発売

印刷

   8月(2014年)の全国的な日照不足や大雨で野菜の生育が悪く、高値が続いている。ピーマン、キュウリ、キャベツなどは平年の1.5~2倍だ。そんななか、品質に問題はないが、大きさやカタチがふぞろいの「規格外野菜」が人気だという。

味は同じ

   スーパーの「マルエツ」は関東の約200店舗でタマネギやジャガイモなど13品目の規格外野菜を「わんぱく野菜」として販売している。値段は通常の品より約3割安く、売り上げも伸びている。

   キャスターの齋藤孝「(わんぱくという)ネーミングうまいですね」

   司会の夏目三久「カタチがよくないだけで、お味は同じですからね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中