錦織圭「全米テニス」4強!準々決勝も競り勝ち「頂上が見えてきた」

印刷

   テニスの全米オープン2014準々決勝で、錦織圭選手(24)が勝った。「モーニングバード!」にも午前8時半、組閣のニュースが終わったところに速報が入った。番組が始まった時はまだ「セットカウント2-2で、最終セットの闘いが続いています」だった。準決勝進出は1918年の熊谷一弥以来96年ぶり。この日も4時間におよぶ熱戦だった。

課題だったスタミナ切れも克服

   スタジオ中がいっせいに「すごい」と声をあげた。フルセットの末の3-2だ。対戦相手は世界ランク4位のスタン・ワウリンカ選手(スイス)で、生やさしい相手ではない。

すごいです

   赤江珠緒キャスター「最近は接戦になればなるほど勝っています」

   宮田佳代子(ニュースキャスター)「指の手術をしたばかりで、大会の初日に出場を決めるといっていたというのに…」

   司会の羽鳥慎一「おととい4時間以上の試合をやって、さらにこれですからねえ」

   こまぎれに速報映像が入ってきた。錦織がポイントをとるシーンばかりだが、ジャンプショットあり、フェイントあり、背面ショットありで実に多彩だ。ラリーの応酬から相手を揺さぶってスパッと決める。

   この試合で錦織は第1セットを落としていた。それを取りかえし、またやられてとりかえしての決着の第5セット。元テニス選手の松岡修造が「テニスは錦織の方が上。あとは体力」といっていたのがぴたりだった。つまり体力がもったということ。

世界4大大会で日本選手ベスト4は96年ぶり

   試合直後の映像と声が届いたのは9時すぎだった。

   錦織「まだ、ちょっと言葉が出てこないですけど、こうやってまた競り勝ったのはよかったです。集中力を切らさずに最後までやれたので、とりあえずホッとしてます。攻める気持ちをなくさずにやってました」

   インタビューアーの「頂上がみえてきましたね」の問いにも、「はい」と素直に答え、「ひとまず休んで、次に備えます」

   羽鳥がまた「すごい」という。

   宮田も「勝てない相手はいないとこないだいってましたよね」

   松尾貴史(テレント)「96年ぶりなんかより、自分として最後までやってもらいたいですよ」

   羽鳥「96年はわれわれがワーワーいってるだけでしょう(笑い)。でも100年に1度だと、いっちゃいますよ」

   次は7日の日曜日というから日本時間では8日未明か。この全米オープンでは、クルム伊達公子選手も女子ダブルスでベスト4を決めている。やっぱりこんなことやっぱり100年に1度だな。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中