「15分じゃ短い」NHK朝ドラ次のヒロインちょっとご不満―「マッサン」主演のシャーロット

印刷

   9月29日(2014年)から始まる次のNHK連続テレビ小説「マッサン」の第1週完成披露試写会が3日に行われた。ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝夫婦をモデルにしたストーリーで、ヒロイン亀山エリー役のシャーロット・ケイト・フォックスのほか、共演の玉山鉄二らも出席した。

   シャーロットは「玉川さんたちは日本語がしゃべれない私を受け入れてくれて、ありがとうございます」とあいさつし、玉川に「役者人生で彼女と出会ったのは特別な時間」と言われると、目を潤ませた。

   ただ、撮影はかなりハードなようで、数時間もかけながら、1話が15分に編集されてしまうことに「so short」(すごく短くなっちゃうの)と苦笑いした。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中