なすび「安倍改造内閣、東北への配慮に欠けた印象が否めない。被災3県からゼロ」

印刷

   お笑いタレントのなすび(39)は9月3日(2014年)、きのう発足した第2次安倍改造内閣の「人選」をツイッターで批評している。

   「実行実現内閣」と自称する新内閣から岩手、宮城、福島の東北3県選出大臣はゼロになった。河北新報は4日、「被災地『見放された』3県出身大臣ゼロ」と書き、被災地の落胆ぶりを伝えた。

   なすびは新任「復興相」について触れ、「福島とは言わないまでも被災三県、せめて東北選出か所縁の方を選んで欲しかった」と残念がった。

   そして「大袈裟」と前置きはしながら、「(全体的に)東北への配慮に欠けた印象」と書いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中