止まらぬ「デング熱」拡散!初動の対応甘かった「最悪を想定していない」

印刷

   国内でデング熱の感染拡大が続くなか、ブラジルでは遺伝子操作した蚊を使って、その蚊が交尾して生まれた蚊が死ぬようになるのだという。

井上:日本では...

   井上貴博アナ「日本でもどうデング熱に立ち向かっていくのか」

   共同通信の久江雅彦・編集委員兼論説委員「私、初動が遅かったと思うんですね。(デング熱対策を)代々木公園の50メートル、100メートルと部分的にやってましたが、蚊にとっては代々木公園も明治神宮も関係ないわけなので。やはり最悪の事態を想定して、最善の措置を講じるべきなんです。どうしても日本は楽観的になりがちなので、これを教訓にして、まず大きな網をかけることが重要だと思う」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中