小3女児に「アメあげる」食べたら失神!20~30代男―イタズラ?誘拐?東京・瑞穂町

印刷

   東京・多摩地区の公園で、小学3年生の女児(9)が見知らぬ男にもらったアメのようなものを口にしたあと意識を失い、病院に運ばれていたことがわかった。命に別状はなかったが、尿からは睡眠薬とみられる成分が検出された。この地区では似たような不審者情報があり、警視庁は誘拐あるいはいたずら目的とみて警戒を強めている。

「アメと小粒のラムネみたいなものもらって、食べてブランコに乗ってあとは覚えてない」

   事件が起きたのは7月29日(2014年)の夕方。瑞穂町箱根ケ崎西松原の公園で女児が1人で遊んでいたところ、20~30代と思われる男から「アメあげる。おいしいよ」と声をかけられ、錠剤のようなものと乳酸飲料を渡された。女児が口にしたところ意識を失った。

狙っている

   午後6時頃、女児と男が一緒にいるところを女児の友だちが見ていた。男は「家に送る」と女児をおぶって立ち去った。その後、午後7時頃、女児が泡をふいて路上に倒れているところを通行人が見つけ、119番通報した。女児は病院でも暴れたり、母親がわからないような状態だったという。

   その女児がきのう8日(2014年9月)、リポーターの高村智庸の取材に直接答えた。

「『ちょっといい』っていわれて、『小学校の道わかる?』と聞かれて、私は『わからない』と言ったの。そのあと、アメと小粒のラムネみたいなもの(と飲料)をもらって、それを食べて私はブランコに乗って、あとは覚えてない」
「その後わかんなくなっちゃったの」
「うん」
「変な味しなかった?」
「しなかった」
「男の人は知ってる人なのかな」
「全然知らない人」

   警視庁によると、男は20~30代、黒いジャケットを着てやせ形だったという。

相次いでいた不審者目撃と通報!男児にも「アメあげる」

   公園は住宅街にあり見通しは悪くない。また、この地域では不審者情報があると、行政が住民にメールで知らせるシステムができている。高村が取材中にも1本入ってきた。小学校から「不審者目撃。注意」というもので、週に1~2本はあるという。学校も親たちも「知らない人にはついていかない」など言い聞かせている。

   司会の羽鳥慎一「しっかり話ができる子ですから、よっぽど言葉巧みにやったんでしょうね。怖い状況です」

   高木美保(タレント)「子どもを安心させる言葉を使ったか、ねらってるのか」

   赤江珠緒キャスター「許せないですよね」

   隣の福生市では5月に児童が男に「アメをあげる」といわれたが逃げた。また、同じ瑞穂町の別の地区で8月2日、男児が「アメをあげる」と声をかけられたが無視して帰宅し110番通報していた。3地点は半径4キロ以内にある。

   岩上安身(ジャーナリスト)「目撃証言はもっとあるんじゃないかですかね。ローラー作戦が必要だです」

   それにしても、7月に起った事件がなぜいまごろテレビ、新聞で報じられるのか。警察が隠していたのか。隠した理由がわからない。あるいは手詰まりになって公開したのか。こうした話は直ちに公開して、市民情報を生かすべきだ。人間は1週間したら何も覚えてなんかいない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中