認知症高齢者「消費トラブル」過去最多の相談!健康食品の送り付けなど1万1499件

印刷
「認知症のトラブル相談が最多となりました」
周囲のサポート

   井上貴博アナが伝える。国民生活センターはきのう11日(2014年9月)、認知症などで判断能力が不十分な60歳以上の消費トラブルの相談が、昨年度は過去最高の1万1499件だったと発表した。

   相談内容は健康食品の送りつけ商法など関するものが多く、年齢では80代以上の相談が全体の7割以上を占める。高齢者関連の相談は年々増加傾向にあり、昨年度ははじめて1万件を超えた。

   キャスターの齋藤孝「認知症の場合、1回払ってるのに忘れてしまってもう1度払うといったことも起こりうる。周りのサポートおよび管理が必要ですね」

   TBSの牧嶋博子解説委員「こういう高齢者を食い物にするようなことが起きるのは、本当に悲しい」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中