2019年 10月 16日 (水)

「独立住民投票」どっちに転んでも損はなかったスコットランド!自治権拡大もぎ取り

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   スコットランドの独立をめぐる住民投票が18日午後10時(日本時間19日午前6時)に終わった。出口調査では賛成46%、反対54%%と、事前の世論調査より差が大きくなっていた。民族主義は根強いものの、生活がどうなるかという実利判断が優先したようだ。

キャメロン首相は大幅な権限移譲を約束

   ロンドンの及川大地記者によると、そもそも住民投票を認めたキャメロン首相の責任を問う声が高くなっているという。一時、賛成派が反対派を上回る数字が出たことで、大幅な権限の委譲を約束しており、独立しなくてもスコットランドの自治権が広がるのは間違いない。「実質は賛成派の勝利」と及川記者はいう。

若者も考えた

   一方、スコットランドのエジンバラにいる横地明子記者は、独立賛成派が集まるパブの前にいた。投票が締め切られた午後10時に、テレビがサッカーの試合から政治番組に切り替わると大歓声があがった。しかし、出口調査の結果が伝わると、空気は不穏になり、いざこざもあったという。

   スコットランド事情に詳しい関東学院大の小林照夫名誉教授は、「独立しなくても、医療や福祉などで議会の権限を拡大する約束をとりつけているから、スコットランドの発言力は増すでしょう。最大限の自治を獲得するのではないか」という。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中