2019年 5月 20日 (月)

「妖怪ウォッチ」ジバニャンのパクリ?高知のゆるキャラ「カツオにゃんこ」こっちが先だにゃあ~

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   マンガ・アニメ「妖怪ウォッチ」の人気によって、高知県のゆるキャラ「カツオにゃんこ」に「間違われ特需」が発生していると、「スポーツニッポン」を紹介した。妖怪ウォッチの主要キャラクターである猫の妖怪「ジバニャン」に似ているとされ、インターネット上では「カツオにゃんこはジバニャンのパクリではないか」といった疑いが投げかけられている。

知名度上がって「間違われ特需」

   実際は、カツオにゃんこは2011年6月にオリジナルグッズの販売が開始されていて、12年12月に漫画連載がスタートした妖怪ウォッチより先だそうだ。

仲いいです

   カツオにゃんこはデビュー以来、人気が低迷。ゆるキャラグランプリでは13年341位、今年は385位だった。ところが、妖怪ウォッチ人気に引っ張られるかたちでグッズの売り上げが伸び、開発元は喜んでいるという。

   井上貴博アナ「いまのところ、(似たもの同士の)いがみ合いなどはないということです」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中