「妖怪ウォッチ」ジバニャンのパクリ?高知のゆるキャラ「カツオにゃんこ」こっちが先だにゃあ~

印刷

   マンガ・アニメ「妖怪ウォッチ」の人気によって、高知県のゆるキャラ「カツオにゃんこ」に「間違われ特需」が発生していると、「スポーツニッポン」を紹介した。妖怪ウォッチの主要キャラクターである猫の妖怪「ジバニャン」に似ているとされ、インターネット上では「カツオにゃんこはジバニャンのパクリではないか」といった疑いが投げかけられている。

知名度上がって「間違われ特需」

   実際は、カツオにゃんこは2011年6月にオリジナルグッズの販売が開始されていて、12年12月に漫画連載がスタートした妖怪ウォッチより先だそうだ。

仲いいです

   カツオにゃんこはデビュー以来、人気が低迷。ゆるキャラグランプリでは13年341位、今年は385位だった。ところが、妖怪ウォッチ人気に引っ張られるかたちでグッズの売り上げが伸び、開発元は喜んでいるという。

   井上貴博アナ「いまのところ、(似たもの同士の)いがみ合いなどはないということです」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中