台風17号北上中!日本列島直撃で大きな被害の心配...進路に注意

印刷

   名古屋の大動脈が大雨に直撃され、通勤の足が大混乱した。きのう24日(2014年9月)、地下鉄東山線の改札内は水があふれ、駅長室にも水が押し寄せ、線路も冠水して9時間も止まった。

   大雨をもたらしたのは台風16号から変わった温帯低気圧で、静岡市で1時間に50ミリの激しい雨を降らせ、東京湾アクアラインは通行止め。羽田空港では風にあおられて飛行機が左右に揺れながら着陸する。

   きょうの日本列島は青空が広がっているが、台風17号が発達しながら北上を続けている。

   気象予報士の天達武史「マリアナ付近で発生した台風は、過去には大きな被害につながっています。進路に注意が必要です」

文   あっちゃん
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中