つんく♂「がんは『完全寛解』。この経験を活かし『愛のある唯一無二なる仕事』をしていきます」

印刷

   音楽プロデューサーのつんく♂(45)が9月25日(2014年)、公式サイトで「がんの完全寛解」を発表した。今年2月、早期の咽頭がんと診断されて活動を休止していた。

   がんの発見以降「放射線治療と分子標的薬による化学療法を併用した方法」で治療を行っていたという。

   そして治療を始めてから6ヶ月後、「検査の結果、『癌は完全寛解しました』と先生からの嬉しいお言葉を頂きました」と話している。

   「治療中は創作活動中心の仕事でしたが、体も頭脳もすこぶる元気で、さらに先生からの太鼓判も頂いた今、今後はこの経験を活かし今まで以上『愛のある唯一無二なる仕事』をしていく事で恩返し出来ればと考えております!」と意気込んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中