ラーメン店で隣の客「踏み殺し」巨漢男 駆けつけた警察官に「食べ終わるまで待ってろ」

印刷

   先月27日午前0時すぎ(2014年9月)、東京・北区田端のラーメン店で、体重120キロの巨漢男が中年男性客とトラブルになり、引き倒したり蹴ったり踏みつけたりして死亡させる事件があった。

   逮捕された会社員、今西伸一郎容疑者(37)は飲み屋を2軒はしごした後にこのラーメン店に来たが、店内は混雑していて、カウンターの3席しか空いていなかった。

   山中章子レポーター「今西容疑者は席に座り、隣の席に足をかけていたところ、後から入って来た被害者の北島久生さん(49)が荷物を置くためにその座席を引きよせたため口論になりました」

「刑務所に行くので最後の晩餐だ」と追加注文

   今西は北島さんの後ろ襟をつかんで引き倒し、頭を打って動かない北島さんの顔と腹を厚底ブーツのかかとで何回も踏み付けた。そのあとも「刑務所に行くので最後の晩餐だ」とラーメンセットを追加注文し、警察官が来るまで食べ続けていた。

信じられない

   司会の小倉智昭「酔って隣のお客とトラブルになったとしても、蹴飛ばしたり踏みつけるというのは信じられないですよ」

   コメンテーターの深澤真紀(コラムニスト)「通報を受けて駆けつけた警察官に、『ラーメンを食べ終わるまで待ってくれ』と話していたそうですが...」

   この男、残忍な野獣だね。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中