2018年 7月 23日 (月)

<タイムスパイラル>(NHK BS)
短髪でも十分怪しいGACKT!2020年の未来からやってきて黒木メイサ誘惑...でも、ちょっと太り気味

印刷

   もし、記憶が2つあるとしたら怖いよね。ましてその記憶が幼いころ、自分が誘拐されて、殺された記憶と助けられた記憶の2種類だなんて。現に生きているのだから助けられたに決まっているのだが、時々その記憶がよみがえってヒロイン・奈月(黒木メイサ)がパニックになり、過呼吸におちいるのも無理はない。

なあんだ、普通に妹思いのやさしい兄貴だったの?

   奈月は大学で物理学の助教をしている。幼なじみで同じ大学の病院の研修医である健太郎(平岡祐太)とはいい感じで、健太郎はプロポーズしようと指輪を用意したところだ。そんな時に現れたのが新しく赴任してきた建築の教授、辰巳(GACKT)である。GACKTが演じるのだからもちろん妖しくて、奈月に強引に近づき、誘惑しようとする。

   じつは辰巳は2020年、東京オリンピックが行われている未来から来たタイムトラベラーなのである。その目的は何か。そして辰巳が現れてから、奈月がしばしばあの時と同じ2つの記憶現象に襲われるのはなぜか。謎がしだいに明らかになってゆくスリリングなSFドラマである。

   目的は第5回まで進んだところでだいぶ分かってきた。どうしても死んでしまう運命の妹・真美(武富聖花)を、時間をさかのぼって助けるためなのだ。奈月に近づいたのも、健太郎と奈月の仲を割いて、真美が健太郎に失恋して自殺する運命を変えようというわけだ。妖しいわりには普通の優しい兄貴だったのである。なあんだ、黒木メイサとのやり取りにただよっていた緊迫感がちょっと薄れたな。

きたろう教授がいい味出してる!授業わかりやすそう

   物理学の教授・中鉢役のきたろうが、例によってひょうひょうとした味を出して、ドラマに奥行きを与えている。時々出てくる物理学の「時間」研究なども、きたろうがあの顔で説明すると、なんだかわかったような気がしてくる。

   GACKTは短髪で顔を丸出しにしている。カッコよさや妖しさを出すには前髪を長くして眼の前まで垂らすのが常道だが、それをあえてしない彼の自信がうかがえる。ただ、若いころに比べて当然太っているから、ときどき自分を客観視した方がいいと思うよ。全8回。火曜日夜11時15分~

(カモノ・ハシ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中