酒井若菜「ガールズトークみっともない。男言葉を使って批評する稚拙さ」

印刷

   女優の酒井若菜(34)が10月14日(2014年)、「ガールズトーク」についてツイッターで語っている。

   「いい大人が『うぜぇー』『ダセェ』『ヤべェ』など思春期感たっぷりに、ましてや男言葉を使って批評する稚拙さ」「ガールズトーク=男の悪口」という図式を「『ガールズ』なんて言葉を大人に当てはめていることに違和感すら持たないのだもの」と批判した。

   「私の友人達は、男性かぶれした言葉遣いはしない 恋愛の話は隠す」「男性を『小馬鹿』にするような物言いは聞いたことがない」と自身の経験を語り、「男性の悪口=女の実態 そんなわけない」という。

   人前で出来ない恋愛や性についての話を赤裸々に語る「ガールズトーク」だが、酒井はブームのきっかけはアメリカのドラマ「SEX and the CITY」ではないかという。しかし、「日本人ならではの嗜みというものがあるのだし、あけすけな性の話も男性に対する小馬鹿も、みっともないから慎みなさいと言いたくなる」「大体SATCの影響が女の最先端なわけがない 古すぎる」と批判的だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中