2018年 11月 15日 (木)

イスラム過激派「イスラム国」悪逆非道!動画「知るべき10の危険」に再生殺到

印刷

   日本人の戦闘員希望者がいることが明るみに出るなど、国内でも注目されているイスラム過激派組織「イスラム国」は、ネットを利用した宣伝活動やリクルートでも知られているが、最近のYouTube(ユーチューブ)では、イスラム国のの危険性や残虐さを訴える動画も目立っている。

   「10 Things You Need To Know About ISIS」(イスラム国について知るべき10の事実)もそのひとつだ。さまざまな事象について、「10」の事実を伝える動画を公開しているユーチューブチャンネルの「Alltime10s」が作成したものだ。10月(2014年)中旬の公開以来、100万回以上再生されている。

この4か月間で5500人を殺害!対立組織や女性、子ども...

   動画によれば、イスラム国は6月から約4か月間に5500人を殺害している。対立するイスラム系組織、他宗教者をはじめ、一般市民、女性や子供に対しても非道な虐待、殺害などを行う組織であるとしている。

   裕福なテロ組織で、1日に300万ドルの収入があり、その大半は石油の密売、強奪によって得たものという。この数か月間に戦闘員は1万人から3万人に増加しており、非イスラム世界からの参加者も多いそうだ。

   これらの情報の出所としてインディペンデント、テレグラフなどが表記されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中