2018年 8月 16日 (木)

<さよなら私>
妻が愛人で、愛人が妻...永作博美&石田ゆり子「からだ入れ替わり」男にとって怖~い不倫ドラマ

印刷

   永作博美&石田ゆり子のWヒロインで、NHKドラマ10お得意の不倫ものかと思ったら、まさかまさかの展開になった。脚本は「最後から二番目の恋」(フジテレビ系)の岡田惠和である。

   永作演じる星野友美は誰もが羨む幸せな家庭の専業主婦だ。夫・洋介(藤木直人)との間には有名幼稚園に通うひとり息子がいる。石田演じる早川薫は第一線で活躍する映画プロデューサーで独身である。ともに41歳。

   2人は高校時代からの親友で、同窓会で再会し、ふとした会話から友美は薫と夫が不倫しているのではないかと疑い、夫が「きょうは遅くなります」とメールしてきた夜に、薫のマンションの前で張り込み、訪ねてくる夫を目撃してしまう。後日、薫を呼び出し、「彼だけはやめて」と直談判するが、掴み合いのけんかになる。

   と、ここまでは不倫ドラマの王道のような流れだが、その後、入れ替わるのである。神社の石段の上で揉みあっているうちに2人は階段から転げ落ち、気が付いたときには「おれがあいつであいつがおれで」状態になっていた。2人の体が入れ替わっていたのである。石段で転んで入れ替わるっていう、大林宣彦監督の「転校生」のシチュエーションをまるまるいただいていいのか、という疑問もなくはない。

気づいたときの夫は地獄!?いまから楽しみ

   妻と愛人の体は入れ替わったとも気づかず、部屋に来るなり、「会いたかった」と情熱的に求めてくる夫。家ではセックスレスだというのに...。その事実を知った時の夫がどんな顔をするか見ものだ。

   「隣りの芝生は青い」というが、専業主婦がキャリアウーマンに、キャリアウーマンが専業主婦に入れ替わることで、お互いの立場を体験し、より深く理解し合う。女の友情は一層深くなるが、果たしてそのとき夫は...。男にとっては地獄のようなドラマです。これからどうなるのか、楽しみ。(NHK総合火曜よる10時~)

くろうさぎ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中