高橋真麻 カトパンの体調不良「加藤は責任感が強いからスケジュール・体力的に辛くても仕事を断れなかったのかも」

印刷

   10月29日(2014年)、フジテレビ・加藤綾子アナウンサー(29)の「めざましテレビ」(フジテレビ系月~金あさ5時25分)復帰をうけ、元同僚でフリーアナウンサーの高橋真麻(33)がブログでエールを送っている。番組MCを務める加藤アナは27日の放送で体調を崩して途中降板、28日の放送は出演をとりやめた。

   体調を崩した原因について「加藤は責任感が強いから、スケジュール・体力的に辛くても依頼された仕事を断れなかったのかもしれません それにこの気候の寒暖差 悪い条件が重なったのかなぁ~」と分析する。

   その後、女子アナの「ハードワーク」ぶりを赤裸々に話した。「画面に出ていない時も、取材やイベントの司会やナレーションがありますし、アナウンス室に居る時はお茶くみや電話への応対」「会社人として伝票の処理や出生申請・報告の入力や勤務票入力もしなければなりません」「周りの方に気が付かれないようにひっそり顔を隠しての(電車)通勤はそれだけでも疲れるものです(早朝深夜以外)」といい、仕事を離れても「嫌いな女子アナランキングとか、好きな女子アナランキングって、目にしようとしなくても周りから情報が入ってしまうし」「事実と異なるアナウンス室事情や恋愛事情が書かれたり、知らぬ間に写真を撮られていたり」とストレスフルな仕事環境であると明かす。

   そして「局アナはみんな健気に頑張っているので、応援してほしい」「視聴者の皆様には本当にそれをご理解頂き、暖かく見守って頂きたいのです」と呼びかけた。

   ブログの最後では「チャーミングで綺麗で優しいカトパン 一緒に応援して下さい...というか応援しましょー!!」と後輩にエールを送った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中