オーロラ見物の日本人女性観光客 カナダで行方不明!「帰ってこない」ホテルが通報

印刷

   カナダにオーロラを見に行った日本人観光客が行方不明になっている。オーロラ観光の拠点として知られるカナダの町イエローナイフのホテルに、17日(2014年10月)にチェックインした45歳女性のヨシクボアツミさんは、24日にチェックアウト予定だったがホテル側が連絡が取れないとして警察に通報した。部屋には荷物や土産物などの買い物が残っていたといい、帰国予定の26日にも帰国していない。現地警察など捜索にあたっている。

原生林に迷い込んだ?

   ヨシクボさんが最後に目撃されたのは22日の水曜日で、町から北上する幹線道路を歩いているところを目撃されている。周りは原生林で街灯もないような場所で、観光客はおろか地元の人も滅多に歩かないという。

   飯村真一アナ「もしかしたら(オーロラを見るために)より暗い場所を求めて歩いていたということも考えられます」

   そして原生林に迷い込んだり、ケガをして動けなくなったなど、事件、事故に遭った可能性がある。ヨシクボさんは一人旅で、イエローナイフを訪れる観光客はほとんどがオーロラ見物の日本人ツアー客で、個人で見に来るのはレアケースだという。

   番組コメンテーターの宮田佳代子(元「サンデープロジェクト」司会)「いま若い女性も含めて、個人旅行ってものすごく人気があるらしいですね。インターネットでさまざまな情報が入るんで、自分がやりたいことだけやりたいという旅人は結構個人旅行を利用する。そして、なんか全部わかったつもりになってるケースが多いんじゃないでしょうか」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中