武井壮「友達が部下を食事に誘ったらパワーハラスメントだと警告された」

印刷

   タレントの武井壮(41)が10月30日(2014年)、友人や後輩のエピソードをもとに「ハラスメントが一人歩き」しているとツイッターで指摘した。

   「友達の女の子が部下を食事に誘ったり、デートに誘ったりしたら、会社からパワーハラスメントだと警告された」「後輩が教師やってんだけど、生徒の背中を頑張れよ!って叩いたらセクハラじゃないかと審査された」という話を紹介し、「もう意味わからんよな」「ハラスメントが一人歩きして人間関係築けねえよな世の中は寂しいだろ。。日本人はもっと清くて正しくて強かったはず。。みんなで無くそうぜ」と訴えかけた。

   「嫌がらせは嫌がらせで絶対にいかん。。それは上の立場にいる者が正すべきだし周りも絶対に被害者守らないといけない」「猥褻や痴漢行為とか暴力行為とかはハラスメントじゃねえからな。。それは犯罪だ」とも書いている。

   一連のツイートの最後で「根深い問題なんだな。。本当に学校でも会社でもいじめとかの精神全部なくなってハラスメントなんて言葉も使わなくなりゃいいのにな。。なかなかそうはいかねえのんだなあ」ともどかしさを口にした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中