あのルーズソックスが復活!カラフルになって短めの「ちょいくしゅ」

印刷
「ええ~。ルーズソックスが流行っているのォ」

   目を丸くする有働由美子キャスターの後ろには、ミニスカートのセーラー服に白いルーズソックスをはいた有働のイラスト看板があった。

   三輪秀香アナ「そうなんです。18年前に女子高生の定番だったルーズソックスが、今年の流行として復活しているのです」

   パリやニューヨークのコレクションでもルーズソックス風のコーディネートが増えているという。適度な「くずし」が受けているのだ。

脚を長く細く見せる強力アイテム

   さっそく東京・原宿の靴下専門店に出かけた。定番の白の長めなソックス(爪先まで80センチ)はもちろん、25~30センチの赤やグレー、ピンクのものが多い。

   三輪「いろいろな色があるんですね。素材もアンゴラ入りなど進化しています。長さも昔のより短いです」

   店主の高坂知恵美さん「はい。ちょこっただけくしゅとさせる『ちょいくしゅ』です。週に全店(226店)で1万6000足売れています」

   なぜ再び人気になっているのか。「脚が細く見えるから」と客は言う。たしかに、細い足首の部分にあえてヒダヒダを作ってボリュームを出すと、ふくらはぎとの段差がなくなって縦長のスッキリした脚に見える。

   着こなしのポイントをスタイリストの縄田理恵さんが提案する。「今年のトレンドのミモレ丈(ふくらはぎ丈)の白のフレアースカートなら、短ブーツでちょいくしゅソックスを履けばストレートな脚に見えます。ソックスはさりげなく見せるのがコツです」

   有働が首を傾げた。「脚が細い人はいいけれど、太い人は余計に太く見えるんじゃないの」

   三輪「いま流行りの短めはボリューム感がないので、それなりに進化してます」

   柳澤秀夫解説委員が混ぜっ返す。「いま僕が履いているやつ(ソックス)と同じじゃない」と踵近くに縮まった靴下を見せる。

   有働「ゴムが緩んでいるだけですよ」

   三輪「私も諦めていたミモレのスカートが履けたんです。ソックスのおかげで」

   有働「彼女は普通でも似合っているのに...。それってちょっとイラっとする」

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中