<ミュージックドラゴン>(日本テレビ系)
DreamのAmi奇行数々...赤ちゃん人形とおしゃべり、コンビニで待ち伏せ、LINE返信しつこく催促...

印刷

   アーティストのスタジオライブやトークの音楽バラエティである。ゲストトークでE-girlsのメンバーとしてもお馴染みのDreamの4人が登場した。デビューから12年、メンバーの入れ替えなどもあって、ティーンエイジャーだった彼女たちもすっかり大人に成長した。そんな彼女たちのプライベートにMCのタカアンドトシが迫った。

「恋愛は禁止じゃないの?」

   4人はあっさりと「禁止ではない」と言う。「じゃあみんな彼氏はいるんだ」とタカに突っ込まれて、それはないと首を振ったが、他のアイドルグループがこぞって恋愛禁止なのに、Dreamは恋愛にはオープンなご様子だ。

   好きな男性タイプの話では、Ayaは「昔からガリガリの病気みたいな人。アンガールズの田中みたいな体の人」、Erieは「背の低い外国人。高い人は見下されている気がして嫌だ」となかなか個性的だ。

ハロウィン扮装にもご不満...「私だけモザイクを」

   Amiは自宅にリアルな「赤ちゃん」のお人形を置いてあると言い写真を見せる。大きな瞳が開いたり閉じたりし、専用のベビーベッドに仰向けに寝ている。「物心ついた時から一緒にいた。抱っこして話しかけている」と嬉しそうに語るAmiだったが、みんなは「気持ちが悪い」。しかし、トシだけが「可愛いじゃない」とつぶやくと、すかさずAmiは「トシさんみたいにこの赤ちゃんを可愛いって言ってくれる人と付き合いたい!」

   Amiはコンビニの前でAyaを突然待ち伏せしていた話、LINEの返事をすぐに返さないと何十通も催促のメッセージを送ってくるなど、『奇行』が多いらしい。

   放送がハロウィンだったこともあり、Dreamとタカトシでコスプレパーティーも行われた。メイドやゾンビ、ドラゴンボールのキャラにまでなって登場した面々だが、Dreamはいまひとつ乗り切れず、妖怪に扮したAmiは「私だけモザイクを」と言い出し始め、なんとなく白けたムードでコーナー終了となった。(金曜深夜0時58分~)

PEKO

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中