2018年 9月 21日 (金)

鈴木たばこ店「シバちゃん」火災予防運動PR役!「かわいい」海外からもファン

印刷

   東京・小金井市に秋の全国火災予防運動のPR役に抜擢された著名なイヌがいる。鈴木たばこ店という小さなたばこ屋の「店番」をつとめる柴犬のシバちゃん(6歳のオス)だ。

みんな見に来る

   シバちゃんは前足で店のガラス窓を開けて、客を出迎えることで有名になった。店主の鈴木久子さんを真似て生後10か月ごろからはじめたそうだ。その姿がネット動画を通じて大人気となり、いまや海外からも毎日多くの観光客が店を訪れる。

   店先に置かれた交流ノートには、インドネシア、オーストラリア、ロシア、アメリカなどから来た人たちの書き込みがあるという。

   赤江珠緒キャスター「ちなみに、(店の)売り上げはそんなに伸びてないそうです」

   司会の羽鳥慎一「みんなシバちゃん見に来るんですね。たばこは買いに来ないっていう。でもいいんじゃないですか」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中